企業理念

[素にして上質]神宗は平成23年11月より、“素にして上質”を企業理念に、新たな発想で商品を作り直しました。

素の味は神宗の原点 上質の味に極まる天然素材の真価

「素」は大自然の恵みを受けた日本の伝統素材、そして「上質」は永遠に飽きることがない食の原点です。天明元年(1781)、大坂の靱に海産物問屋として創業してから230年。以来代々の店主が、素材を厳選して品質と味の向上一筋に精進を重ね、独自の加工法で当店にしかない商品を生み出してきました。

そして平成23年11月、私たちは“素にして上質”を企業理念に、新たな一歩を踏み出しました。

すべての商品において、天然素材が持つ本来の味をじっくりと引き出すことに成功。人工的に作り出された「うま味」ではなく、自然の「旨み」を活かした優しい味に仕上げました。天然の素材は、それぞれが相手を引き立て合い、さらなる旨みの相乗効果を生み出します。それは、ほかの素材の旨みを打ち消してしまうような人工の調味料が持つ強いうま味とは正反対の現象です。

私たちはこの素材と伝統の味を大切に、皆さまに上質な商品をお届けしてまいります。

下記の調味料や食品添加物等は使用しておりません

  • たん白加水分解物、酵母エキス……味にコクやうま味を与える調味料
  • 化学調味料(うま味調味料)……グルタミン酸ナトリウム(調味料(アミノ酸))等
  • 保存料、着色料、増粘多糖類、甘味料(カンゾウ、ステビア、ソルビット)等

to of page