神宗のあゆみ

天明元年創業。重ねた歳月が品質と技に生きる伝統の味

images

神宗の歩みは、天明元年(1781年)、初代・神嵜屋宗兵衛が大坂・靭(うつぼ)に海産物問屋(三町問屋)を構えたことから始まりました。
屋号は店主の「神」嵜屋「宗」兵衛から「神宗」と称しております。
いま皆様にご愛顧いただいております品々の原型が創り出されたのは、その後、嘉永年間 に京町堀(元ざこば)へ移った頃。以来、海産物問屋として鍛え上げた材料を選ぶ眼と極め尽くした技、品質への妥協を許さない高い心意気を連綿と伝え継いでまいりました。
北海道道南産の天然真昆布だけを使い、独自の加工法を用いた塩昆布をはじめ、鰹昆布、ちりめん山椒、鰹田麩などいずれも、品質と味覚の向上に日々精進を重ね、いつも一番おいしい味をお客様にお届けしております。

沿革

天明元年(1781年)
大阪靭(うつぼ)に海産物問屋(三町問屋)として創業。
嘉永年間
雑喉場に移転。
明治時代
国内勧業博覧会に出店。上野・天王寺において一、二等賞受賞。
昭和28年(1953年)
京町堀(旧雑喉場)にあった本店を北久宝寺に移転。
昭和29年(1954年)
合名会社となる。
平成6年(1994年)
本店を久太郎町に移転。
平成16年(2004年)
淀屋橋店オープン。
平成26年(2014年)
株式会社となる。

足跡

  • 嘉永年間(1848 年~) 塩魚干魚鰹節問屋名面鑑
  • 大福帳:江戸時代・明治時代の商家で使われていた帳簿の一種
  • 天明期(1781 年~)より伝わる当時の過去帖
  • 明治時代各博覧会出品時の表彰メダル
  • 大正3年大正天皇への神宗の献上品(鰹田麩)
  • 宮内省より礼状を承る

文化財

当店の化粧箱の包装紙やクリアパック等には大きな松の絵が描かれています。
こちらの絵は慶応3年(1867年)画家 眉山 玉震(びざん ぎょくしん)によって描かれた「大坂中之島久留米藩蔵屋敷絵図」の一部で、絵図は神宗が家宝として永く秘蔵していたものです。

幕末当時の生活が分かる現存する唯一の絵図で、久留米藩蔵屋敷の年中行事や蔵入れ・蔵出しの様子、天神祭船渡御などの光景38図が所収されております。


(大阪歴史博物館寄託)
※ 平成18年度 大阪市指定有形文化財指定

  • [蛸の松]久留米藩蔵屋敷前に植えられた松は、見事な枝振りがまるで手足を広げて海を泳ぐ蛸の様に見えることから「蛸の松」と名付けられ、ご神木として当時の人々に愛されてきた。進物用塩昆布の容器上蓋のデザインに使用。

  • [玉江橋]裃をつけた蔵役人と思われる武士が玉江橋を行きかい新年の挨拶を交わしている。単品商品用クリアパックの冬限定デザインに使用。

  • [天神祭の船渡御]一千年の歴史を誇る天神祭の船渡御の様子。当時は今と異なり鉾流し神事で西へ向かって川を下り「蛸の松」周辺で神事が盛り上がっていたことが伺える。

  • [水天宮の祭]久留米藩蔵屋敷に祀っている水天宮。水難除けの守り神とされ、町民の参詣も絶えなかった。もともと水天宮は筑後の国久留米にある有名な神社である。

  • [堂島の米市]町人たちの通い船が大きく描かれ、川岸では堂島の米市の様子が描かれている。各藩の蔵屋敷では納められた年貢米の米切手(有価証券)を発行し、これを売買する場が堂島の米市だった。進物用ちりめん山椒の容器上蓋のデザインに使用。

  • [構内船入れ]本船で運んだ米俵を小舟に積み替えて蔵屋敷内に漕ぎ入れている様子。久留米藩蔵屋敷の川岸には構内に「御舟入れ」と称する入り掘りを組んで荷揚げをしやすくしていた。

  • [「はえ」の積上げ]「はえ」とは米俵を積み上げた山のことを言う。年貢米が蔵屋敷に到着すると、外で中三日間干す習慣があった。正しく米の見立てを行うため、船内で吸収した湿気を乾燥させるのである。

  • [米の掛目]米俵の重量を測り、見立てを行っている

  • [米俵を積む馬]米俵を馬に乗せて運ぶ様子。馬には一頭につき三俵の米俵を積んだ。

  • [入札と指米]米の入札のために多くの者が蔵に詰めかけて、苫でおおった米俵に米差しを刺して米の良しあしを見ている。

  • [正月の松飾り]歳末に正月の松飾をし、しめ縄を蔵前に掲げ御供えをしている。当時は大晦日の夜に旧年の厄を一切捨てて新春を迎えるため節分の儀式も行われていた。

to of page