つぶ昆おこし

%e3%81%a4%e3%81%b6%e6%98%86%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%97%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

%e3%81%a4%e3%81%b6%e6%98%86%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%97%e7%ae%b1%e6%ad%a3%e9%9d%a2

つぶ昆おこし 50g

価格
税込 324円(本体 300円)
内容
つぶ昆おこし 50g
外寸
縦 110mm 横 155mm 高さ45mm

オンラインストア

日本古来の伝統菓子

%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b81

「おこし」とは米や粟などを熱して干した後、砂糖や水飴に混ぜ型に入れ、乾燥させた干菓子です。
奈良時代には『日本書紀』に穀物を蜜で固めたものが 豊穣祈願で神に奉げられた事が記されています。

縁起物の「おこし」

%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b82

江戸時代、全国特産品の集散地で“天下の台所”と呼ばれた大坂は「おこし」の原料である良質の米・飴が 手に入りやすい場所でした。
大坂の繁栄と共に「おこし」は<身をおこし・家をおこし・国をおこす>と言われ、大阪名物となり 広く人々に親しまれるようになりました。

つぶ昆おこし

%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b83

「つぶ昆おこし」は「粟おこし」で有名な「あみだ池大黒」と神宗のコラボレーション商品。
天然真昆布を炊いてから乾燥させて粒状にした「つぶ昆」をサクとしたおこしに合わせました。
メープルシュガーの甘さとつぶ昆の旨味がマッチしたお菓子です。

to of page